近年の技術の進歩により、電子玩具も高性能化が進んでいます。特にラジオコントロールカーに注目すると、これまではコ ントローラに取り付けられたレバーを使って操作をするのが一 般的であったが、スマート端末の画面に触れる、脳波などの身体情報を利用する、といった操作方法も市場に発表されています。しかし、幼児を対象とした場合、既存のコントローラでは、方向転換や発進といった玩具の動きと、玩具を動かすためのレバーやボタンとの関係性をあらかじめ理解している必要があります。本研究では、「振る」という直観的な動作での操作を可能にするラジオコントロールカーの制作を行いました。ユーザ がハンドベルを鳴らすと、玩具は周波数解析によって音を判定し、音源の方向を推定し走行します。玩具が複数ある状態であっても、衝突を回避して走行できるよう、複数の距離センサを搭載しています。また、操作の単純化だけではなく、特定の音を認識し、複数の玩具が同じ目標に向かって走行することで、ユーザと玩具の間に鳥の親子のような関係性を持たせることができます。

Due to recent advances in technology, electronic toys have also been improved. Especially focusing on radio control cars, while it has been common to operate by using a lever attached to a controller so far, operating methods such as touching the screen of the device and using physical information such as brain waves are also on the market. However, for children, they need to understand beforehand the relationship between the movement of the toy and the lever and button. In this research, we produced a radio control car that enabling operation with intuitive motion, “shake”. When the user plays the handbell, the toy can determine the direction of sound by frequency analysis, moving towards the sound. It has multiple distance sensors to avoid collisions among multiple toys around. As multiple toys recognize a specific sound and move towards the same target, a user and the toy can become parenthood of birds.