Taifūrin

台風鈴はインターネット上の台風情報を用い台風の接近を知らせるインタラクティブな風鈴です。日本の伝統的な風鈴をかたどったデバイスにはLED ライトと、モータを介しインター ネットに接続された小型シングルボードマイクロコントローラに接続されたインターフェースが取り付けられています。台風が300km 圏内に近づくと、モータが風鈴を鳴らし、台風の強さに応じてLED が光ります。このデバイスは、従来のマッピングソフトウェアに依存しない単純な方法によるリアルタイムな地理空間データの伝達と、IoT やMR/AR 技術の伝統工芸品への応用という2つのアイデアによって開発されました。我々はこのデバイスの開発によって、インタラクティブ作品における日本の美意識である、禅や侘び寂びの概念を探求しています。

Taifūrin is an interactive wind-chime device which uses internet-based typhoon data to alert people to an approaching typhoon. The device consists of LED lights and an interface based on a traditional Japanese wind-chime, which is connected via a motor to a small single-board microcontroller with a wireless internet connection. When a typhoon is within close proximity (<300km) to the device, the motor will ring the wind-chime and the LEDs illuminate based on the category (strength) of the typhoon. This device was created to explore two ideas: that near real-time geospatial data can be communicated in a simple but novel way that does not rely on conventional mapping software; and that Internet of Things (IoT) and Mixed/Augmented Reality technologies can also be applied to traditional cultural artefacts where technology has previously played no role. By creating this unique device, we are exploring the Japanese Zen aesthetic concept of wabisabi in interactive works.

leaDuck

近年の技術の進歩により、電子玩具も高性能化が進んでいます。特にラジオコントロールカーに注目すると、これまではコ ントローラに取り付けられたレバーを使って操作をするのが一 般的であったが、スマート端末の画面に触れる、脳波などの身体情報を利用する、といった操作方法も市場に発表されています。しかし、幼児を対象とした場合、既存のコントローラでは、方向転換や発進といった玩具の動きと、玩具を動かすためのレバーやボタンとの関係性をあらかじめ理解している必要があります。本研究では、「振る」という直観的な動作での操作を可能にするラジオコントロールカーの制作を行いました。ユーザ がハンドベルを鳴らすと、玩具は周波数解析によって音を判定し、音源の方向を推定し走行します。玩具が複数ある状態であっても、衝突を回避して走行できるよう、複数の距離センサを搭載しています。また、操作の単純化だけではなく、特定の音を認識し、複数の玩具が同じ目標に向かって走行することで、ユーザと玩具の間に鳥の親子のような関係性を持たせることができます。

Due to recent advances in technology, electronic toys have also been improved. Especially focusing on radio control cars, while it has been common to operate by using a lever attached to a controller so far, operating methods such as touching the screen of the device and using physical information such as brain waves are also on the market. However, for children, they need to understand beforehand the relationship between the movement of the toy and the lever and button. In this research, we produced a radio control car that enabling operation with intuitive motion, “shake”. When the user plays the handbell, the toy can determine the direction of sound by frequency analysis, moving towards the sound. It has multiple distance sensors to avoid collisions among multiple toys around. As multiple toys recognize a specific sound and move towards the same target, a user and the toy can become parenthood of birds.

Switch++

多種類のスイッチを識別することは機能が追加されていく現代社会では重要です。しかしスイッチは種類が多く、押し間違いが度々起こってしまいます。また、機械だけが進化しインタフェースであるスイッチがあまり進化していないという問題点もあります。そのような問題解決として、動的に複数のスイッチを提示させ、人が使いたい機能を指ジェスチャによって予測して、ジェスチャに沿ったスイッチを出力する新たな操作性をもつSwitch++ を制作しました。検出するジェスチャは、「押す」、「摘む( 横)」、「摘む( 縦)」、「掴む」で、それぞれがプッシュスイッチ、ダイアルスイッチ、トグルスイッチ、ジョイスティックに対応しています。Switch++ は、人間と機械のインタラクション性が高まる、機能を予測するインタフェースの実装を目指しました。これは、スイッチを見なくても操作できる可能性があり、人間が多機能を使いこなす未来に対して大切な一歩になるでしょう。

It is important that identifying various types of switches in modern society. However, with so many kinds, there are lots of mistakes occurred usually like pressing the wrong switch.There is also a problem that only the machine has evolved and the switch which is the interface developed slowly. Switch++ dynamically presents multiple types of switches, predicting the function that a user wants to use with a finger gesture, and output the switch corresponding to gesture. The gestures which can be detected are “push”, “picking (sideways)”, “pinching (vertical)”, “grasping”, and those correspond to push button switch, dial switch, toggle switch, joystick. The principal aim of Switch++ was to implement an interface that predicts functions, which enhances interaction between humans and machines. This would be an important step towards the future of managing many functions.

Sound Wheelchair: 車椅子楽器プロジェクト

 

車椅子初心者にとって、車椅子の操作練習が単調であり意欲の促進にかけることが課題にあります。また、健常者にとっては、障がい者とともに体験できる場所が少なく車椅子や車椅子スポーツに対する意識は乏しいです。本研究は、車椅子を操作する動きと連動するインタラクティブなシステムの開発および体験できる場の創出を目指し「車椅子楽器」を制作しました。「車椅子楽器」は、どの車椅子にも取り付けられる色認識モジュールとマイクロコンピュータによって誰でも簡単にデザインできるコート紙で作られたカラフルなトレーニングコースの色を音に変換し、車椅子の操作練習を楽しみながら、正確な操作手法の取得支援を図ります。

For wheelchair’s beginners, it is a task that the traditional practice of wheelchair’s training is tedious and the promotion of beginner’s motivation is a challenge. In addition, for a healthy person, there are few places to experience wheelchair sports with disabled people and the consciousness to wheelchair and wheelchair sports is poor. In this research, we hope that we can develop an interactive system that works with the movement of wheelchair and create a place that can be experienced. Therefore, we developed the “Wheelchair Instrument”. The “Sound Wheelchair” can converts the color of colorful training course to sound with color indicator which is attached to wheelchair. The colorful training course made from coated paper which can be easily designed and the color indicator can be easily attached to any wheelchair. We are trying to support wheelchair’s beginners to receive a better training while using “Sound Wheelchair”.

 

残像ドミノ / ZanzōDomino

hello_world_02hello_world_03

ドミノ型のデバイス群を用いたドミノ倒しは、次々と倒れるドミノの軌跡上に光の残像を浮かび上がらせます。ドミノを並べることでつくられる単語や文章は、ドミノが倒れる一瞬にだけ見ることができます。

Zanzō is a Japanese word meaning after-image. By playing dominoes with these domino-shaped devices, viewers can recognize after-images from lights on the tip of the falling dominoes.The dominoes are lined up carefully one by one and will display a message once briefly as they fall.

展示会のお知らせ – AZIMUTH: SOUND/IMAGE

西スコットランド大との協定締結に伴い,大学内にて共同展示を行います.ご興味のある方は足をお運びください.

AZIMUTH: SOUND/IMAGE

The exhibition explores the creative tension and interplay between Sound and Image. The works showcased engage with possible ways of narration whether guided or enhanced, altered or disrupted through the Sound/Image interface or explored solely through a sense of hearing or a sense of sight.

Curatorial team: Katarzyna Kosmala and Kumiko Kushiyama